マニフェスト

manifest

農林水産

“スマート農業”の推進!

◆ 農業従事者の高齢化が急速に進み、労働力不足が慢性化する中で、日本の農業を救うかもしれないと言われているロボット技術やICTの活用による〝スマート農業〟を推進し、生産コストの軽減を県の主導で取り組みます。

◆ 全国屈指の農業県の千葉県は、首都圏の台所であると共に、野菜生産の宝庫ですが、首都圏に位置するという恵まれた立地条件に加え、農業従事者の高い技術力と意欲に支えられて農業産出額では全国3位と高い地位にあります。この地域特性を生かし、ブランド化と共に、6次産業化を促進すると共に、TPPやFTAなど国際競争に勝てる県内農業を支援します。

有害獣対策と、ヤマビル対策の支援強化

◆ 農林業の生産者・従事者の生産意欲をなくす有害獣やヤマビルの生息域は年々拡大していて、このことがひいては全国ワースト3位と言われる耕作放棄地が進み、農地や森林の荒廃が進んでいます。

◆ 有害獣の駆除と被害防護柵の設置に当たり、補助金の増額と共に、県が主導して集中的に一斉捕獲と駆除に努めます。

全国屈指の水産県千葉の復権を!

◆ 漁港・市場の拠点化・機能強化など、漁業基盤の整備に取り組みます。

◆ 水産業を支える担い手の確保と育成のため、新規就業者への支援の取り組みを充実します。

◆ 絶滅危惧種に指定されたニホンウナギの稚魚シラスウナギが、遡上する川は千葉県内で38もあり、全国でも有数のうなぎの養殖に最適の土地です。食の安全確保のためにも、新たな千葉県産養鰻場に取り組みます。

地域のエネルギー源として“木質バイオマス事業 ”に挑戦!

◆ ヨーロッパでは既に実用化され、一般的になりつつある森林からの間伐材や、捨てられている端材など〝木質チップ を 〟に変えて、燃料として有効活用する〝木質バイオマス〟事業を推進します。

◆ 森林資源から燃料を確保し、生み出したエネルギーを熱に変えて、地域に供給する体制づくりを推進し、〝千葉県林業の復活〟と共に、〝木材の復権〟を図ります。

◆ 東日本大震災の原発事故は、原発からの恩恵を受け続けてきた私たちの警告と真摯に受け止め、原発依存の社会から地産地消で作れる〝バイオマス・エネルギー〟の事業化に挑戦します。

教育

県立高等学校の教育環境の充実!

県立高等学校を、時代を見据えた特色ある高等学校に再改編を推進します!

義務教育の小中学校のクラス定員の弾力的な運営を可能にします!

都市部の教育委員会に“人事権の拡大”を!

特別支援教育の充実整備を!

地域資源が豊富な千葉県の郷土学習をより効果的に!

医療

医師・看護師の確保対策を進めます!

地域医療の担い手開業医への支援強化!

医療提供システム“日本版IHN”の構築を!

“医療・観光ツーリズム”の推進!

子ども・子育て

子育て支援の拠点『千葉県版ネウボラ』の整備支援を!

“子育て支援員”・“子育てマネージャー”の育成強化!

子ども医療費助成事業の対策を千葉県下で統一を!

“発達障害”の早期発見・超早期療育を!

少子化対策のため“保育料等の減免”助成を!

0歳児の里親委託のための“新生児養子縁組制度”の創設・推進

災害対策

災害対応の“即応出動部隊”の創設を!

災害時や救急時の“大型ドローン”の活用を!

道路・交通

アクアライン

道路・交通網の整備について

農林水産

“スマート農業”の推進!

有害獣対策と、ヤマビル対策の支援強化

全国屈指の水産県千葉の復権を!

地域のエネルギー源として“木質バイオマス事業”に挑戦!

“房総半島”を夢のあふれるリゾートエリアに!

東京湾上に“メガフロート”を整備、首都直下地震にも備えます!

オリンピック・パラリンピックの成功に向けて

高齢者福祉

介護・医療連携による“在宅介護・医療推進事業”の支援を!

認知症対策の強化を!

障害福祉

親が亡くなった後の障害者の不安を解消し、生活を保障する手立てを講じます!

男女共同参画社会

協働事業推進

市民団体による“協働事業提案制度”の創設を

『支庁』の機能の充実・強化で、しっかりと市町村に寄り添います!